玩具デザイン開発者の深野洋一による「センシノツエ」 について

2012年夏のコミケで委託販売
「センシノツエ」
同人誌

センシノツエとは

TVアニメ「美少女戦士セーラームーン」放送当時に語られることがなかった玩具の制作現場・開発秘話についてを収録。制作関係者がどんな想いを持って作った玩具なのか、より深く知りたいファンにお勧めの一冊に仕上がっている。「センシノツエ」の主な内容は深野洋一氏がデザインに携わったムーン必殺技アイテム第2部R編「キューティムーンロッド」と第3部S編「スパイラルハートムーンロッド」について。好評により現在の在庫は完売となっている。

深野洋一
Twitter( ID : hoypoykoy)

製作元:池袋乙女ロード メイド喫茶「ワンダーパーラーカフェ」
http://wonder-parlour.com/index.html

「センシノツエ」告知用特設WEBページ制作担当:セーラームーン保存会
http://blackxxmoonlightx.web.fc2.com/ 



玩具デザイン開発者の深野洋一による「センシノツエ(裏)」 - セーラームーン保存会

top

セーラームーン保存会(Mio) | お問い合わせ(E-mail)

人物紹介・企画内容

深野洋一とは

「美少女戦士セーラームーン」でセーラー戦士達が使用するコンパクトやロッドをデザイン開発に携わった人物である。主にR編「クリスタルスター」「キューティムーンロッド」、第3部S編「コズミックハートコンパクト」「スパイラルハートムーンロッド」等。玩具の箱であるパッケージイラストも深野氏が自ら描き下ろした版権画である。イラストレーターとしても活躍しており、セラミュの公演パンフレットの表紙や映画「美少女戦士セーラームーンR」パンフレットの見開き挿絵、バンプレスト「ポスタードリーム」専用景品ポスター各種などがある。



企画について

2012年、セーラームーン保存会は同人誌「センシノツエ」頒布告知用特設WEBページの制作を担当。このページは「センシノツエ」を入手出来なかった方に深野氏について知って頂く為、また「センシノツエ」をご購入頂いた方には合わせて楽しんでもらえるように作成している。対談は深野洋一氏とのご縁から実現した企画である。



対談
掲載日:2012年8月29日

初めて携わった「美少女戦士セーラームーン」のイラストについて


深野 : 「美少女戦士セーラームーン」に初めて携わったのは、無印の末期頃に発売用として企画された周辺商材商品の企画書用のレリーフ調のものだと思います。その商品が実現したかどうかは分かりません。キャラクターイラストとしては、R編の電子手帳で表紙用として描いたセーラー戦士達のポーズ指定図が初めてです。これは版元に『こういう絵を描いて欲しい』という要望の為のイラストです。
Mio : 電子手帳は「美少女戦士セーラームーン」TV放送中にCMでセーラー戦士達が遊んでいた玩具ですね。持っていなくてもCMは記憶にあるというファンも多いのではないでしょうか。セーラームーンの表情が変わるジャンケンゲームや相性占いが楽しくて、あたしにとっても思い出が詰まった玩具です。S編の放送時に発売された電子手帳でも外箱のパッケージイラストと本体のカラーインディックスに深野さんの初期商品用版権画が使用されてましたね。

深野 : 版権原画として初めて自ら原画を描いたのは、バンプレスト発・PCエンジン・SUPER-ROMROM用セーラームーンの表ジャケットのイラストです。 裏ジャケットと予約特典ポスターの原画も描かせて頂きました。その後に続編で発売された「セーラームーン・コレクション」の表裏ジャケットも描かせて頂きました。
Mio : 懐かしいですね!台詞にボイスが付いていて楽しくプレイしていました。と、言ってもPCエンジンのゲームソフトが発売された当時(1994年)はコンピュターを持っていなかったのでリアルタイムには出来なかったんですが・・・。なので、どちらかというと5人のセーラー戦士によるユニット「Peach Hips」が歌う主題歌シングル「恋する乙女は負けない/同じ星に生まれた二人だから」のジャケットの方が印象に残っていたり。とてもいい曲なんですよね〜♪ あと、余談かもしれませんが、インターネット上のフリー百科事典で有名な某ページでは只野和子描き下ろしと記述されていますが・・・あれは間違った情報ですよね?
深野 : 絵柄的にもしかすると只野氏に間違われたのでしょうか。ある意味では、間違えられたとすれば光栄でもあるのですが(苦笑)。
Mio : 念の為、ディスクジャケットは深野さんの描き下ろしですので!皆様、お間違い無く!(※2013年現在修正されたようです。)




「センシノツエ」を発行するに至り、久しぶりに描いた「セーラームーン」


深野 :「センシノツエ」の表紙は版権を描かなくなってから17年程経っていたので『今の私に描けるのか?』と正直な所は不安でした。 しかし資料を見ながら描き始めたら自然と当時の感覚が蘇ってきて助かりました。どうやら『体』というか『腕』は憶えていてくれていたみたいです。
Mio : さすがですね!深野さんの版権画ってセーラームーンを見てきたコ達なら絶対何処かで目にしてるものばかりだと思います。だけど、お名前のクレジットが出ないから知る人ぞ知る存在で・・・。「センシノツエ」から深野さんに関心を持った方も多いのではないでしょうか。もっと多くの方に深野さんのお仕事について知ってもらいたいですね。
深野 :「センシノツエ」で描いたスパイラルハートムーンロッドはセル画式としては初めてでした(笑)。
Mio : デザイン開発を担当したご本人の初書きというだけでも貴重な表紙絵ですね。
深野 :正直、描くのが大変で思わず「こんな描きにくいデザインした奴は誰だ!って。(笑)」俺かっ!(笑)いや、キューティーもスパイラルも、武内先生ならびに当時のアニメーターの方々はさぞ描きにくかった事でしょう。申し訳なく思います・・・。
Mio : でも、そう言われると直子先生はムーンのコンパクトとかコピーして貼り付けたもので原稿を仕上げてた気が〜・・・。(笑)あとは、簡易化して描かれたりとか。でも、省略出来るのは元のデザインに特徴があるからこそだと思いますよ!

深野 :今回、同人誌の頒布時にお付けしたペーパー用で描き下ろした「スーパーセーラームーン」は深野流です。コミケ・同人即売会の意向を尊重して、僭越ながら何の枷もなく、自然に出て来るイメージで描きました。今まで手掛けてきた多くの版権画のイメージ等が無意識に混ざっているかも知れません。版権との違いは瞳の表現が深野的かも、です。
Mio : 版権版のムーンは当時の絵を思い出して懐かしかったんですが、深野流も一層魅力が増してますね。(上記TOP画参照)凄く可愛くてお気に入りです。資料提供として深野さんから頂いた時、すぐにファイルケースに入れちゃいました!
深野 :版権画を描くに至っての『こだわり』については今もですが、版権画を描かせて頂くときは、キャラデザの方の絵柄に可能な限り似せる事に重点をおきます。『R』であれば只野さん、『S』であれば伊藤さんの絵柄に、です。でも、どうやっても御二方に似せられなかったです。
Mio : セラムンってアニメの作画を見てもわかるようにアニメーターの個性が凄く出てる作品だと思います。そういう意味では深野流のセラムンをもっと見たい気もします。今後もたくさんセーラー戦士達を描いてあげて下さいね!






一番好きなセーラームーンのコスチューム


深野 :セーラームーンですと・・・『R』の劇場版の時の私服が可愛かったので好きでした!
Mio : おお!戦闘衣装で答えてもらうつもりが、私服で来ましたか!(笑)春らしくロマンチックマリンで纏められた洋服ですね!ブラウスのフリルも女の子らしくて可愛いですよね。でも、スカートは超ミニで大胆過ぎるとか。(笑)ちびうさのボーダーと並ぶと親子セットな感じがして更に可愛く感じます。






デザイン制作に携わった玩具について


Mio : 「センシノツエ」ではキューティムーンロッド、スパイラルハートムーンロッドを中心に上げられていますが、他にも変身コンパクト(クリスタルスター、コズミックハートコンパクト)、外部太陽系リップロッド、タリスマン、レインボームーンカリスなどのデザインもされてますよね。特にお気に入りの玩具はありますか?
深野 :『R』と『S』の登場アイテムはどれも心血注いだ物なので、優劣をつけられません。自分バカな発言で恐縮ですが『全てお気に入り!』です。あと、周辺商材について。『S』の時に『ピュアリーパクト』というバイオリズムと汗圧センサーを利用した簡易占い機が発売されたんですが・・・。
Mio : ピュアリーパクト!はいはい、わかります!アニメ放送時のCMでは初代セラミュの大山アンザさんらが出演されてましたよね。タキシード仮面様との愛が30%で倒れるアンザムーン、100%でキスしちゃう二人にCMで流れる15秒間終始釘付けでした。
深野 :この商品の立ち上げ、物自体のデザイン、ボタン操作の基本動作、液晶グラフィックのデザイン・動作パターン、取り扱い説明書の解説イラスト等も担当しました。更には人手不足という事もあって、パッケージ裏面の商品のセンサーに指を当てる写真の男性側の指は私が担当しました。男性の指は私の指です(笑)
Mio : え、あの人差し指、深野さん!?(笑)面白い事実が発覚しちゃいましたね。
深野 :ピュアリーパクトは番組登場アイテムに匹敵する私にとっては思い出のアイテムであります。
Mio : なるほど!最近は「スマイルプリキュア」や「ひみつのアッコちゃん」といった魔法少女ジャンルが化粧品会社とのコラボで話題になっており、ファンの間では「美少女戦士セーラームーン」についても期待が高まっているようです。そういった中で、セーラームーンの当時の玩具が再評価され、子供だった視聴者が大人になって「思い出の玩具をもう一度手にしたい!」と思う方も居らっしゃるようです。数十年の時を経て制作者としてどういう心境ですか?
深野 :嬉しいです。光栄です。今でも気に入って頂けているのであれば、関係者の1人として幸せな事です。『あの時の苦労は・努力は無駄ではなかった!』と思わせて頂けるのですからデザイナー冥利につきます。 可能であれば、いつか皆様とお会いして直にご感想を伺いたいです。

top

「美少女戦士セーラームーン」以外の現在のお仕事


深野 :現在も版権画業が多いです。今は新劇場版エヴァンゲリヲンの版権画を多く描かせて頂いております。 近況としては9月発売予定のパズルメーカー『やのまん』の500ピース『カヲル:月下覚醒』と1000ピース『アスカ・レイ・シンジ:爽海休息』があります。またアニメイトから近日発売予定・各種グッズ展開用のシンジ・カヲル・レイ・アスカ・マリの水着版があります。原画作業が終了・納品ホヤホヤ物としては11月発売予定・バンダイ・EVAウエハース用の4種SPカードのイラストがあります。他私がイラスト・挿絵等を担当しております。講談社刊:今野敏・著:宇宙海兵隊ギガースの文庫版5巻が10月に、新書版6巻(最終巻)が11月に発売を予定されております。私が手掛ける情報は随時ツイッターで御報せ致しますので、宜しければTwitterアカウント『Twitter( ID : hoypoykoy)』をチェックして下さい。



「美少女戦士セーラームーン」という作品について


深野 :きっかけは偶然でしたが、人生においてかけがえのない金字塔の1つであり、初めてのプロダクト・デザインが番組登場アイテムという今でも信じられない奇跡を実現してくれたタイトル。送り手の1人として・ファンの1人として、とても大切な作品の1つです。
Mio : 来年は新作アニメの公開もありますし、更に「美少女戦士セーラームーン」というコンテンツは盛り上がりを見せてくれると思います。どういう形となってメディア展開されていくのか不安もありますが、今後も大好きな作品であることは変わりありません。当時製作に携わった方から当時のエピソードを聞ける機会を与えて頂き、本当に感謝しています!ありがとうございました!



深野洋一

▼有志の方によるフランス語訳。


Pre'sentation

Youichi Fukano Dessinateur des broches magiques et des compacts utilise's par les guerrie`res Sailors dans “La Jolie Petite Guerrie`re Sailor Moon ”, Youichi Fukano a dessine' les reproductions de la broche Crystal Star et le Cutie Moon Rod utilise's dans la deuxie`me saison du dessin anime' et le Cosmic Heart Compact et le Spiral Heart Moon Rod utilise's dans la troisie`me saison, etc. Active aussi comme illustrateur, il a dessine' les illustrations sur le paquet des reproductions, la brochure de Sailor Moon Musical, la brochure du film Sailor Moon R, l’affiche pour une campagne “Poster Dream” par Banpresto, etc.


Le projet

En 2012, l’association pour pre'servation de Sailor Moon prend en charge cre'ation du site web spe'cialement pour faire la publicite' d’un doujinshi (fanzine) ≪Senshi no Tsue≫ . Le but de cette page web est que ceux qui n’ont pas re'ussi a` obtenir une copie de Senshi no Tsue' puissent connai^tre mieux M. Fukano, et que ceux qui ont obtenu une copie puissent doubler le plaisir de lire la fanzine. L’entretien suivante a eu lieu gra^ce a` une relation entre l’association et M. Fukano.



Entretien


Les premie`res illustrations Sailor Moon


Fukano : Mon premier projet de Sailor Moon est des illustrations pour une proposition des produits varie's a` vendre vers la fin de la premie`re saison du dessin anime'. Je ne sais pas si le projet a abouti. Ma premie`re illustration des caracte`res est celle pour de'signer des poses des caracte`res sur la couverture de l’agenda e'lectronique pour la deuxie`me saison. Celle-la` e'tait pour pre'ciser au fabricant quelle genre d’illustration qu’il fallait mettre.

Mio : J’imagine que beaucoup de fans se souviennent de la pub de l’agenda e'lectronique, ce que les caracte`res jouaient avec dans la pub qui passait pendant la diffusion du anime' a` la te'le'. L’agenda est grave' dans mon souvenir, car j’ai bien aime' le jeu dans laquelle les expressions de Sailor Moon changent et le jeu de divination des affinite's. C’e'tait aussi vos oeuvres qui sont utilise's pour l’agenda et son paquet mise en vente lors de l’e'mission de la troisie`me saison.

Fukano : Mon premie`re illustration officielle est celle sur la pochette de disque de SUPER--ROMROM, un jeu a` jouer sur l’ordinateur vendu par Banpresto. J’ai aussi fait des illustrations sur l’autre co^te' de la pochette et des affiches distribue'es uniquement a` ceux qui ont re'serve' le jeu. Les illustrations sur deux co^te's de la pochette de disque de Sailor Moon Collection, mise en vente par la suite, sont aussi mes oeuvres.

Mio : Je m’en souviens avec nostalqie ! J’ai aime' qu’on parlait a` voix haute. Mais en fait j’avais pas d’ordinateur quand le jeu est mise en vente (en 1994), donc c’est plus tard que je jouais avec celui-la` et je me rappelle mieux de la pochette de disque de la chanson ? Koisuru Otomeha Makenai / Onaji Hoshini Umareta Hutari Dakara ? par Peach Hips, le groupe des cinq guerrie`res Sailors. J’adore la chanson ! Au fait, on a e'crit sur fameux site internet d’encyclope'die gratuite que c’e'tait Kazuko Tadano qui a dessine' l’illustration pour le CD, mais c’est votre oeuvre, n’est-ce pas ?

Fukano : Si. Peut-e^tre qu’on s’est trompe'. Dans un sens, c’est un honneur pour moi qu’on a cru que mon illustration e'tait par Mlle Tadano. (rire jaune)

Mio : Tout le monde, pour que vous le sachiez, la pochette du disque est l’oeuvre de M. Fukano ! (L’encyclope'die est maintenant correcte.)



Les oeuvres pour Senshi no Tsue' : illustrations de Sailor Moon apre`s une longue pe'riode


Fukano : A` vrai dire, je m’inquie'tais si j’arrive a` dessiner la couverture de Senshi no Tsue' apre`s 17 ans que je ne dessinais pas d’illustrations officielles. Heureusement, mon bras se souvenait de les dessiner et la sensation de l’e'poque est revenue naturellement lorsque j’ai commence' a` regarder des illustrations de l’e'poque.

Mio : Formidable ! C’est su^r que ceux qui ont regarde' le dessin anime' de Sailor Moon ont vu vos oeuvres quelque part, mais pas beaucoup de monde vous connaissent, car votre nom n’est pas souvent affiche'. J’imagine que pas mal de gens s’inte'resse a` vous apre`s avoir lu Senshi no Tsue'. J’aimerais que plus de gens connaissent vos oeuvres.

Fukano : Le Spiral Heart Moon Rod dans Senshi no Tsue', c’e'tait ma premie`re fois de le dessiner en celluloi"de.

Mio : La couverture est bien pre'cieuse, e'tant la premie`re illustration par ce qui e'tait re'sponsable du dessin du Rod.

Fukano : En fait, le dessin est tellement complique' que j’ai presque crie' ≪ c’est qui qui a dessine' quelque chose aussi complique' !?≫, et c’est moi qui l’ai dessine' ! J’imagine bien que Mlle Takeuchi et les animateurs ont eu mal a` dessiner Cutie Moon Rod et Spiral Heart Moon Rod. Excusez-moi...

Mio : Cela me rappelle que Mlle Takeuchi finissait le manuscrit en collant des photocopies des Rods....ou en simplifient le dessin. Cela doit e^tre que c’est un bon dessin bien particulier qu’on peut le simplifier !

Fukano : L’illustration que j’ai dessine'e pour accompagner la fanzine est dessine'e a` ma fac,on, pas comme la version officielle. Pour respecter les ide'es des organisateurs de l’exposition, je l’ai dessine' tre`s librement, peut-e^tre en me'langeant les images des illustrations officielles. La diffe'rence entre la version officielle serait l’expression des yeux.

Mio : La version officielle m’a rappele' beaucoup d’illustrations de l’e'poque, mais la version de votre fac,on est me^me encore plus charmante (confe'rez l’illustration au de'but de ce page). Je l’adore, je le garde pre'cieusement depuis que vous me l’avez donne'.

Fukano : Quand je dessin la version officielle, j’essaie au maximum de faire les illustrations le plus identiques aux versions originales que possible. C,a serait Mlle Tadano pour la saison deux, et Mlle Ito pour la saison trois. J’ai tout essaye', mais c’e'tait bien difficile.

Mio : A` mon avis, Sailor Moon est un dessin anime' qui refle`te bien l’originalite' des animateurs. Dans ce sens-la`, j’aimerais voir plus de Sailor Moon a` votre fac,on aussi. Continuez a` dessiner beaucoup de guerrie`res Sailors !


Le costume de son pre'fe're'


Fukano : Quant a` Sailor Moon, j’aime bien ce qu’elle portait dans la vie quotidienne dans le film Sailor Moon R !

Mio : Ah bon ! Je m’attendais une re'ponse sur les costumes de bataille, mais vous avez choisi la robe de tous les jours ! Ce sont des ve^tement marins bien romantique du printemps ! La blouse orne'e de volants est tre`s mignon. Mais la jupe est peut-e^tre un peu trop courte. lol Avec Chibiusa en border, c’est me^me plus mignon comme c,a fait une combinaison entre maman et fille.


Les produits dessine' par M. Fukano


Mio : L’article de Senshi no Tsue' parle principalement de Cutie Moon Rod et Spiral Heart Moon Rod, mais vous avez aussi dessine' des Compacts pour transformations (Cristal Star, Cosmic Heart Compact), Sailor Neptune rip rod, talismans, et Holy Moon Ca'lice. Vous avez des pre'fe're's ?

Fukano : Je me suis livre' au dessin de ceux qui sont utilise's dans deuxie`me et troisie`me saison, il est donc difficile a` choisir. Ils sont tous mes favoris ! Et il y a un autre produit qui est bien me'morable pour moi, Purely Pact, une machine de divination simple qui utilise le biorythme et le capteur de transpiration.

Mio : Ah oui Purely Pact ! Oui oui je m’en rappelle ! C’e'tait Anza Oyama, l’actrice de Sailor Moon Musical qui l’utilisait dans la pub. Sailor Moon tombe quand il y a que 30% de affinite' entre Tuxedo Mask et ils s’embrassent quand c’est a` 100% ! J’e'tais colle'e sur la te'le' pendant que la pub passait.

Fukano : J’e'tais responsable du de'veloppement de ce projet, le dessin du produit, des mouvements de base du produit, le dessin du graphique sur l’ecran, et les illustrations sur le mode d’emploi. En plus, comme on n’e'tait pas nombreux a` travailler sur ce projet, on a utilise' mon doigt dans la photo affiche' sur le paquet pour montrer comment mettre les doigts sur le capteur.

Mio : Ah bon, c’est vous la photo d’index ! On a de'couvert un fait inte'ressant.

Fukano : Pour tout cela, Purely Pact est un produit aussi me'morable que les produits utilise's dans le dessin anime' pour moi.

Mio : Je vois tout a` fait ! Ces jours-ci, des produits vendus par les entreprises des produits de beaute' en the`me des petites magiciennes comme Smile Pricure et Caroline (Himitsu no Akko-chan) sont populaires, et les fans de Sailor Moon attendent des produits pareils en the`me de Sailor Moon. Il y a apparemment ceux qui ont grandi et veulent porter des articles me'morables encore une fois. Comment vous vous en sentez comme le dessinateur ?

Fukano : C’est honneur et c,a me fait plaisir que les articles leur plaisent toujours. C’est le plus grand honneur d’un dessinateur de sentir que l’effort de l’e'poque n’e'tait pas pour rien. J’aimerais les voir directement et avoir ses avis si possible.


Les oeuvres de M. Fukano a` part Sailor Moon


Fukano : Je dessine souvent les illustrations officielles des anime' toujours. En ce moment, je fais beaucoup d’illustrations officielles de Rebuild of Evangelion. Les produits qui vont biento^t sortir comprennent un puzzle de the`me Kaworu, un autre puzzle de the`me Asuka, Rei et Shinji, et des illustrations des Shinji, Kaworu, Rei, Asuka et Mari en maillot de bain pour les produits varie's qui seront mises en vente par Animate. L’illustration que je viens de finir est celle pour les cartes qui accompagnemt des co^nes en gaufre qui seront mises en vente par Bandai en novembre. J’ai fait aussi des illustrations pour Uchu Kaiheitai Gigars, dont le volume cinq sort en octobre et le six sort en novembre. Si vous y inte'ressez, suivez-moi en Twitter, comme je mets des infos sur mes projets a` mon compte ≪hoypoykoy≫.





深野洋一


inserted by FC2 system